「粗利益」と「売買差益」の違いを認識して、利益を管理していく方法

「粗利益と売買差益は同じものだ」……と混同して考えている方が多いと聞きます。 確かに同じようなものではありますが、正確には解釈の仕方が微妙に違います。 (さらに…)…

詳細を見る

レジの勤務シフトの運用方法

勤務シフトは繁忙時や閑散時に応じて、適切な人数を配置させるために重要となるものです。 繁忙時に人員数が少なければ、レジに行列ができお客様にご迷惑をかけてしまいますし、閑散時に余剰人員を抱えていれば人件費は無駄に増えてしまうからです。 勤…

詳細を見る

勤務シフトの作り方

勤務シフトは繁忙時や閑散時に応じて適切な人数を配置させるうえで重要になるものです。 繁忙時に人員数が少なければお客様にご迷惑をかけてしまいますし、閑散時に余剰人員を抱えていれば人件費は無駄に増えてしまいます。 勤務シフトは適切な人件費で…

詳細を見る

「粗利ミックス」を考えて販売戦略を構築する方法

それぞれの部門ごとに粗利益率が確保できるカテゴリーと、その確保が難しいカテゴリーをもっていると思います。 どんなカテゴリーや商品が利益に貢献しているのか……、 また、売り上げに貢献しているものはどのカテゴリーか、どんな商…

詳細を見る

売上を上げる「粗利ミックス」を相乗積で分析する方法

商売は販売しているものによって、基本的な粗利益率の設定水準が異なります。 粗利益率をしっかり確保しながら、売上を上げる「粗利ミックス」についての考え方を解説します。 (さらに…)…

詳細を見る

鮮度劣化を防ぐ! 牛肉の扱い方の基本!

牛肉をバックヤードで商品化する際、鮮度劣化は必ず起こります。 それをできるだけ劣化させないで商品化する方法を解説します。 鮮度劣化の要因 まずは牛肉を扱う上で、基本中の基本となる「鮮度劣化の要因」について、触れておきたいと思います …

詳細を見る

牛肉を値引き販売するメリットとデメリット!

牛肉商品を製造したら、その日のうちに、すべて売り切れてくれれば良いのですが、少し売れ残ってしまうのが現実です。 そこでやむを得ず、「値引きしてでも売り切ってしまおう」と思うのが普通ですが、その「値引き販売」には、メリットとデメリットがある…

詳細を見る

牛肉のロスがゼロ!!  毎日完全に売り切る「売場戦略」の方法?

牛肉は、スライスしたりステーキ用にカットしたときから、鮮度劣化が急速に早まり変色し始めます。 変色することによって売れ行きがにぶり、値引きロスや、廃棄ロスになってしまいます。 (さらに…)…

詳細を見る

回転率が上がり鮮度up! 牛肉売り場の作り方

牛肉売場ショーケース、棚板の選び方    新規オープンや、売り場のリニューアルつき、これから売り場レイアウトを作る場合は、牛肉売り場の多段ケースは、低多段ケースで、高さ1250mmが良いでしょう。 壁面にオープンケースの設置で、たくさん…

詳細を見る

セルフレジ導入が必須になる時代は、すぐそこ!

これから近未来、スーパーマーケットで繁盛させたいと考えているなら、セルフレジの導入は必須です。 決して、レジの製造メーカーから宣伝量をもらっているわけではありません。 セルフレジの種類       セル…

詳細を見る