牛肉を値引き販売するメリットとデメリット!

牛肉商品を製造したら、その日のうちに、すべて売り切れてくれれば良いのですが、少し売れ残ってしまうのが現実です。 そこでやむを得ず、「値引きしてでも売り切ってしまおう」と思うのが普通ですが、その「値引き販売」には、メリットとデメリットがある…

詳細を見る

牛肉のロスがゼロ!!  毎日完全に売り切る「売場戦略」の方法?

牛肉は、スライスしたりステーキ用にカットしたときから、鮮度劣化が急速に早まり変色し始めます。 変色することによって売れ行きがにぶり、値引きロスや、廃棄ロスになってしまいます。 (さらに…)…

詳細を見る

回転率が上がり鮮度up! 牛肉売り場の作り方

牛肉売場ショーケース、棚板の選び方    新規オープンや、売り場のリニューアルつき、これから売り場レイアウトを作る場合は、牛肉売り場の多段ケースは、低多段ケースで、高さ1250mmが良いでしょう。 壁面にオープンケースの設置で、たくさん…

詳細を見る

セルフレジ導入が必須になる時代は、すぐそこ!

これから近未来、スーパーマーケットで繁盛させたいと考えているなら、セルフレジの導入は必須です。 決して、レジの製造メーカーから宣伝量をもらっているわけではありません。 セルフレジの種類       セル…

詳細を見る

牛肉売り場で、霜降り和牛の「大きなかたまり」を見せて購買意欲を高める方法

牛肉売場で、霜降り和牛の「大きなかたまり」をお客様に見せて、購買意欲を高める方法を解説します。 牛肉売場は、できるだけ広く尺数を取るべきでしょう。 できれば、低多段ケース3段で構成するのがベストです。 壁側の位置に…

詳細を見る

豚肉売り場を広げても、売上が上がらない理由

牛肉売場は、上手な商品構成で売場を広げることで、売り上げはアップします。 ではそれと同様に、豚肉の売り上げアップのために、「豚肉の売り場を広ければ良い」……と、考えるのはどうでしょうか? ……残念ながらその考えは、ちょっと早計です。…

詳細を見る

鶏肉売り場商品構成の方法・考え方

お客様は押し売りされると身構えてしまう心理があります。 売り場でも無言のうちに「これを買え!」という売る側の一方的な気持ちが前面に出てしまうと、それがお客様に伝わり買うことに抵抗を覚えてしまうこともあります。 それはどういうことかといい…

詳細を見る

牛肉 外モモのスペックの作り方と商品化

牛肉の半身(半丸)を小分けにして真空状態で納品してもらうためのスペック(小分けの仕方)と、商品化できる用途について解説します。 A4クラスの和牛はスペック化して、パーツをうまく組み合わせながら使うことをお勧めします。 モモ肉にあたる部分…

詳細を見る

牛肉 内モモのスペックの作り方と商品化の方法

モモ肉にあたる部分はセット状態に分けると、「ランイチ」「丸モモ(シンタマ)」「ウチモモ」「外モモ」の4つに分けられます。 牛肉の半身(半丸)を小分けにして真空状態で納品してもらうためのスペック(小分けの仕方)と、商品化できる用途について解…

詳細を見る

牛肉丸モモ(シンタマ)のスペックの作り方と商品化の方法

モモ肉にあたる部分はセット状態に分けると、「ランイチ」「丸モモ(シンタマ)」「ウチモモ」「外モモ」の4つに分けられます。 牛肉の半身(半丸)を小分けにして真空状態で納品してもらうためのスペック(小分けの仕方)と、商品化できる用途について解…

詳細を見る